竹中大輔

生年月日 1972年 6月15日

出身地は、兵庫県だが、静岡県の下田市で育つ。太鼓歴1994年2月より。

太鼓を始めたきっかけ。小学校の時、秀明太鼓の太鼓演奏を見て感激、その日より太鼓にあこがれる。その後、20歳の時に、知り合った秀明太鼓の研修生の友人に誘われ、太鼓の道に。デザイン会社のデザイナーとして活躍。ロックバンドで、ギタリスト兼作詞作曲で活動し、幅広い活動を広げるも、最後には音楽をもって世界平和の夢をと、秀明太鼓のメンバーになる。太鼓奏者としては、やや遅めのスタートだが、もって生まれた明るさは年齢を感じさせない。

趣味 歴史探索、城巡り「音楽は国を越えて人と人とが理解し合える掛け橋的な力を持っていると感じています。秀明太鼓に出会い、太鼓の音と、その姿勢で世界平和に貢献している姿に共感しました。太鼓は、筋力、持久力、精神力、そしてリズム感と、多くを問われるハードな面を持ちますが、一打、一打に思いを込め、日々精進していきたいと思っています。」